大学生協友の会会則

(目的)
第1条
本会は、大学生協の役職員として、大学生協の運動と事業の発展に関わった者が、相互の連絡と交流、情報の交換を行い、もって相互の親睦を図ることを目的とする。
(名称)
第2条
本会は、「大学生協友の会」という。
(事業)
第3条 本会は、次の事業を行うものとする。
  1.会員相互の交流と親睦を図るため、総会・懇親会などの諸行事を行うこと
  2.この会の会報を発行すること
  3.その他本会の目的達成の為に必要な事業を行うこと
(会員)
第4条 本会の会員は、以下の条件を満たした者
   をもって会員とする。
1. 大学生協(単位生協、事業連合、連合会)に勤務歴を有する役職員で大学生協を退
 職した者
    尚、役職員とは、定時職員、嘱託職員等を含む者とする。
  2.その他現役役職員で幹事会が認めた者
  3.前記の個人会員以外に会の趣旨に賛同する団体を賛助会員とする。
(会費)
第5条
新しく会員になろうとする者は、本会の運営と連絡諸費用の為に以下の会費(終身会費)を拠出することとする。
  1.会費 (終身会費)     5000円
  2.団体賛助会員年会費は1口5万円とする。
(総会)
第6条
本会は総会を年1回開催するものとする。総会への付議事項は以下の通りとする。
1.毎事業年度の事業・決算報告
2.毎事業年度の事業計画・予算計画
3会則の変更
4会の役員の選出
5その他幹事会において重要と認めた事項
(役員の定数)
第7条 本会には次の役員をおく。
  1 幹事長
         1名
   2.副幹事長
         若干名
  3.幹事(副幹事長を含む) 20名以内
  4.会計監査    2名
   尚、副幹事長は幹事の中から幹事長が委嘱するものとする。
(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とする。但し再選は妨げない。
2.役員は任期満了後においても後任者の就任する迄は、引続きその職務を行うものと
    する。
(幹事会への付議事項.招集)
第9条 幹事会はこの会の運営執行及び総会への付議事項を検討するものとする。
2.幹事会は、幹事長が必要に応じて、招集するものとする。
(会計監査)
第10条 会計監査は、毎事業年度1回以上この会の財産および事業執行の状況を監査する
     ものとする。
2. 会計監査は、前項の監査の結果を総会に報告するものとする。
3. 会計監査は、幹事会に出席して意見を述べることができるものとする。
(会計)
第11条 本会の運営経費は次により賄うものとする。
1.会員の拠出金
2.会の趣旨に賛同する団体及び個人からの賛助金
3.会の主催する諸企画への参加費
(事務所と事務局)
第12条 本会の事務所は全国大学生活協同組合連合会内に置く。
2.幹事長は本会の事務を処理する為に事務局長と事務局員を委嘱できるものとする。
(事業年度)
第13条 本会の事業年度は、毎年3月1日翌年2月末日とする
(雑則)
第14条 本会則に定めるものの他必要な事項は幹事会の議決を経て幹事長が決定するものとする。
2.会則の改廃は、幹事会の議を経て、会で行なうものとする。
(施行日)
第15条 この会則は、1993年4月3日から施行する。
  1993年 4月 3日 施行
  1995年 4月 8日 改正施行 
  1997年 4月 5日 改正施行
  2001年 4月15日 改正施行
  2002年 4月13日 改正施行
  2008年 6月28日 改正施行
  2011年 7月 2日 改正施行

大学生協友の会役員一覧

2012年度 役員名簿

幹事長
川上 邦博

幹事
岡安 喜三郎 伊野瀬 十三  宮寺 重男   佐々木 征彦 
伊藤  光男  古畑 志津子  薄葉 康男  潮見 亜斗矛 
山崎   実  倉橋    潤   馬場  瑛  安斉 伸夫
大山  克  永瀬  亘良  大久保  厚

会計監査
岡部  民江
古越 小夜子

大学生協友の会交通費等支給規程

(目的)第1条
本規程は大学生協友の会(以下、友の会)の行う会議、事務局活動に関わる交通費の支給について定める。
(定義)第2条 
会議とは、友の会の行う幹事会、会計監査、事務局会議、打ち合わせ会議をいう。
事務局活動とは、総会及び幹事会決定に基づく事務局員及び事務局活動に都度参加する友の会会員による活動をいう。
交通費とは上記友の会の会議及び事務局活動に伴う交通機関に支払う費用をいう。
(交通費)第3条 
交通費は役員(幹事並びに会計監査)、事務局員並びに参加友の会会員の勤務・居住する勤務地・所在地から会議及び事務局活動の開催地までの最も合理的な経路および方法により支給するものとする。
2.前項の交通費のうち、定例幹事会及び会計監査に伴う交通費は、役員就任時に申請登録する交通費にて支給する。
3.前項の交通費のうち、定例開催地以外の幹事会並びに会計監査・事務局活動に伴う交通費は、都度発生する実費にて支給する。
4.尚、会議並びに会計監査・事務局の活動に伴う交通費を勤務組織等にて支給される場合は、支給しないものとする。
(改廃)第4条 この規程の改廃は幹事会が行う。
(施行期日)第5条 この規程は2011年12月3日より施行する。
(付則)この規定のなかった2011年7月2日幹事会参加に伴い発生した交通費は、これは支給するものとする。
(2011年12月3日実施)

入会申込書などについて

入会を希望される方は、下記の入会申込書及び自己紹介カードをご記入し、郵便振込にて終身会費(5000円)を振り込んで頂きたくお願い致します。

■入会申込書・自己紹介シート
 以下の「入会申込書」の文字をクリックしてください。
入会申込書

会費等郵便振込口座

口座記号 00170-7
口座番号 611265
加入者名「大学生協友の会」

「大学生協友の会」発足の頃の思い出

27.jpg寄稿者:元大学生協連専務補佐 本田月男さん

 1994年に誕生した「友の会」の発足当時の思い出を連合会専務補佐として立ち上げに関わった本田さんにその当時の思いなどを語って頂いた。名称は「ユニコープ友の会」として70名前後のスタートだったと往時を語っています。第2号会報では、紙面制約により、要約を掲載しましたが、ここでは、全文を掲載させて頂きます。

はじめに
先日、久し振りに「大学生協友の会」懇親会に出席した。懐かしい顔ぶれにお逢いし、語り合い、楽しいひとときを過ごす事が出来た。幹事のみなさんに感謝致します。
そこで、幹事長の川上さん(元大学生協東京事業連合専務理事、その後日生協)から「友の会」の発足の頃のことをまとめて欲しいとの要請を受けた。事務局の永瀬さんからも「是非頼みます」とのことなので引き受けることにした。
この友の会も2013年で20年を迎えると言う。一つの節目にあたり、発足時事務局を担当したものとして思いつくままに記してみたい。

1.私の前任の専務補佐の堀口 保さん(故人)が、定年退職する時の引き継ぎ事項の中に友の会設立の件があった。当時の岡安専務理事からも「是非引き継いでやって欲しい」との命を受けたので引き受けることにした。この会の発起人は田中尚四さん(全国大学生協連元専務で元日生協副会長)で、その趣旨は「大学生協で永年働いた定年退職者が、今後年々増えるだろうから、その一人一人の送別会はやれないし、年1回まとめてやって欲しい。また、大きな大学生協にはOB会(東大、早大等)があるが、中小生協にはないところが多いから垣根を取り払って、それらのOBが集える場が欲しい」というものであった。この辺の発想と先見性は、さすが田中さんである。設立趣意書にはその意図するところは盛り込んだつもりである。また、会則で会の名称を「ユニコープ友の会」としたのは、当時大学生協連内局の会報に「ユニコ=ユニバーシティコーポレイションの略」と言うのがあり、簡潔でよいとその略称をつけることとなった。

2.しかし、この会の立ち上げには思わぬ伏兵がいた。当時、大学生協連内局に部長会があり、先ず内部での意思統一が必要と思い、提案したところ、今この会の事務局を担当してくれている大久保君はじめ数名が「そんなOB会などには反対だ」と言う意見があって困ったことを今も鮮明に覚えている。
「因果は巡る」と言うがどんな因果かその大久保君が、今事務局を担当しているのも愉快である。そんなことがあったものの発起人会のみなさんの熱意と賛同者の総意でこのような組織が設立されたことは、事務局を担当したものとして嬉しく思う。また、今も事務局を応援してくれている古畑さんはじめ数人の人が熱心に応援して手伝ってくれたのはありがたかった。

3.早速、発起人の人選に入り、大学生協出身で日生協や都・県連・地域生協等で活躍された人と現役の人を中心に選出した。発起人代表には、東大生協から明治大生協の建て直しや埼玉市民生協の設立等で活躍され人望の厚かった藤川一栄さんにお願いした。
発起人に名を連ねていただいた方々は次の方である。(順不同、敬称略)
藤川一栄、島根善太郎、斎藤嘉章、萩原久利、大友弘巳、小林敏男、浅井康男、田中尚四、高橋晴雄、岡安喜三郎等である。
そして1993年4月3日創立総会が開かれた。総会では設立趣意書、ユニコープ友の会の会則を決めた。設立の趣旨に賛同されて会員になられた方は、約70名と記憶している。現在、会員は207名とのことであるから約3倍近くに達している。

4.以上が設立に関わる経緯であるが、ともあれこのような組織に発展したことは感無量である。幹事も各世代の人達で構成されて若返り、昨年名称も分かりやすく「大学生協友の会」となり、会則も改定されて、新たなスタートをきった。事務局も充実し、読み応えのある会報も発行されるようになった。
この「大学生協友の会」が今後会員も増え、ますます発展されることを祈念してこの拙文を終わります。

2012年1月16日